スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シルバーリハビリ体操(Ⅴ)

シルバーリハビリ体操2級養成講座の5日間が無事に終わりました。

毎日緊張の連続で、帰ると頭痛に悩まされながらの講座でした。

私たちの所からは12月受講が5名、1月受講が5名と10名の受講者がおります。

2級講座は時間の殆どが実指導に当てられてます。

最終日(18日)は

①小テスト

②実指導の組み立て

③実指導の進め方


①は2日目と同じく3級の時の復習テストです。
 筋肉、骨、関節、神経、運動など、細部にわたって10問出題されますが
 勘違いもしてまして、満点とはいきませんでした。
 これからの課題でもあります。

②はテーマがあり、それに相応しい体操を組み立てます。

 例として、

 ◎避難所での体操を10分間行ってください

  などのテーマがでます。

 6人一組で体操の種類、時間の割り振り、役割分担などを話し合います。

③午後からはテーマ別の体操をグループ毎に実指導を行います。

 私たちのグループは、肩痛予防の体操でした。

 ☆どんな体操をするか

 ☆体操の順番はどうするか

 ☆体操の時間的配分

 ☆体操の説明者、モデルなどの役割分担を決める

など等の打ち合わせをして発表をします。

お昼休みの時間を短縮して、6人が協力して練習をします。

いざ本番、6人の力って大きいですね。

見事10分ちょうどで思っていたすべての体操ができました。(ヤッター!!)

この時ばかりは大変だった事を忘れてしまいました(笑)

約4時間でしたが、

”また時間があったら会いたいね””これからも頑張ろうね””上手にできたわよ”など等
手を取り合って健闘を称え合いました。

最後に管理者の太田先生から、一人ひとり「修了証書」をいただき
(最終日のレポートを提出すると「認定証書」が送付されます)
シルバーリハビリ体操2級養成講座は終わり、安堵感でいっぱいでした。


今回の養成講座を振り返ってみて、

思い切って一歩前に出れば、たくさんの方との出会い、そしていろいろな事が待っている。
それを良いか悪いかを自分で決めることで、これからの人生が変わっていくような
気がしました。
そして、ボランティアほど家族、友達、地域の方々等の協力がなければ
できないことも知りました。

以上を踏まえて、みんなに喜ばれるような指導士になれるよう
頑張っていこうと思います。

5日間、拙いブログを読んでいただきありがとうございました。
スポンサーサイト

シルバーリハビリ体操(Ⅳ)

先が見えてきました。

本日、4日目の養成講座です。

私たち5人グループも尻上がりに意識が高まってきました。

会場も初日は、一人、或いは二人とひっそりと昼食をとっている方が
おりましたが、4日目ともなると、5~6人、もっと大きな輪もできて
賑やかな笑い声で、楽しそうな食事風景が見られました。

私たちも”お昼のお弁当の時間が一番だね!!”なんて言いながら、
初日はおにぎり2個にお茶だけだったのに、
今日は味噌汁、プリン、みかん、チョコ、りんごと盛りだくさん。
ずっと一緒だと家族のようになってしまいますね。

さてさて、4日目のカリキュラムは

①活動時の留意点

②実指導(椅子)

①は実際に指導している時に、どういう点に留意して指導しているか?
 グループ(6人ほど)で話し合って発表します。
 私たちのグループは”実指導をしているとき”の留意点です。
 ・無理な運動はしない
 ・呼吸を止めない
 ・大きな声で分かりやすい説明する。など等。
 他のグループは、指導する前、指導をした後の留意点について
 発表します。

②の実指導は椅子の2回目
 前回のときよりはレベルアップされていることを求められます。
 そうは言っても壇上に上がると上がりますね?(笑)

 午後からは10分の休憩をはさんで4時間、みっちりと実指導の仕方です。

私も少しは上手に説明できたかな? う~~ん、70点くらいのできかな...

さぁ、明日はいよいよ最終日、

最初に小テスト、そして体操の組み立て。

ここまで来たのだから、頑張ります!!

 

シルバーリハビリ体操(Ⅲ)

3日目は14日(金曜日)でした。2日連続の講習です。
中日とは言え、重い足取りです。

車に乗るにも「どっこいしょ!」状態です(笑)

今日のカリキュラムは

①高齢者の有酸素運動(後期高齢者のウォーキングなど)

②実指導の進め方(マット)

いつものようなカリキュラムですが...

①の運動は筑波大の先生が講師で来られて、1時間の講義
 1時間のウォーキングになります。
 森林浴を兼ねて、歩く姿、歩数、腕の振り等の指導がありました。
 とても参考になりました。

②の実指導、今回はマット、寝てする体操です。
 2人一組で昨日のように発表しますが、今日は中間くらいの発表でした。
 発表も実際にやるだけでなく、どこの筋肉を使うのか?どのような効果が
 あるのか?等の説明をしなければなりません。、
 1人の持ち時間が2分30秒程、焦ります。

毎回、その日の感想や注意した点などを書いたレポートを提出します。

ボランティアとは言え、なかなか大変です。
でもそんな中、大田先生が

”ボランティアをしている人は長生きする方が多いです”と...

嬉しいような、そうなのかなぁ..と言う思いがした3日目でした。

後2日(月、火曜日の連続)です。もう少し頑張ります!!



シルバーリハビリ体操(Ⅱ)

2級指導士養成講座、2日目は13日(木曜日)

講座の内容は

①小テスト

②実指導(椅子)

これだけなんですが、これが大変なんですよ(笑)

①の小テストは3級の養成講座の時の復習テスト。(1時間)
すっかり忘れてます(だって、2年も前のことなんだもん)(エヘッ)
10問で平均正解率は6.2問だそうです。
私はって? ハッハッハ ご想像に!!

②の実指導は4時間
2人一組になって、実際にどんな指導をしているかの実技の発表です。
23組が課題の体操をそれぞれ発表するのですが、順番はくじ引きです。
まぁまぁ..何ということでしょう?
私たちの組みが1番、トップバッターです。(ビックリ!!)
もう頭が真っ白!! いまでもどんなふうに発表したか分かりません。
そんなこんなで23組全部が終わるまでに、お昼休みを除いて
4時間、緊張の連続です。

疲れました。家に帰るのが午後の6時

想定内?と思いながら、この養成講座があるときだけ娘に
ホームヘルパーを頼んでおきました。
ボランティアこそ家族の協力がないとできないのが現実ですね。


シルバーリハビリ体操

今年も後わずかになりました。
あの夏の暑さに負けないくらい、冬の寒さも頑張ってますね。

私も頑張ってますよ!!

年の瀬になって、これまた忙しい日々を送ってます。

シルバーリハビリ体操指導士2級養成講習会を受講してます。
3級の指導士になってから約2年間
地域のボランティアとして活動した実績を持っての受講です。

日数はみっちりと5日間

朝の7時に家を出て、ひたすら走って約2時間
会場の水戸市に着きます。(これだけでも疲れます)(笑)

昨日(10日)が第1日目

☆介護予防とシルバーリハビリ体操
☆障害者の心理
☆体操復習

以上のようなカリキュラムです。

受講者は46名だったかな? 熱気ムンムンです。
茨城県立健康プラザ管理者の大田先生の講義とスタッフの体操復習

3級の時に覚えたはず?...なんですが、う~んかなり忘れてます。

大田先生の講義の中で、興味深いお話がありました。
 
それは主観的健康感を持つことだそうですよ。

”私はいつも元気だ!どこも痛いところもない!寒さなんかに負けないぞ!”と
自分に言い聞かせて過ごす。 

”気合だ!気合だ!” あれっ どこかで聞いたような(笑)

楽しいじゃないですか!! 長生きしましょうよ!!

第2日目は木曜日、第3日目は金曜日と続きます。
全日程に出席し、レポートを提出した方のみが「認定書」を交付されます。
1時間の欠席も認められず、補講もありません。

家族の協力の下で頑張らなければなりません。

”私は頑張れるんだ!風邪も引かずに頑張るんだ!”と言い聞かせて...





プロフィール

オアシスの風

Author:オアシスの風
田舎暮らしがよく似合う私は、家事よりも遊ぶことが大好き。一緒にenjoyしませんか!!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
癒しのひと時を
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。