スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風立ちぬ

暦の上では立秋も過ぎ

♪風立ちぬ、今は秋 今日から私は心の旅人....”

松田聖子さんの歌が口ずさみますが、なんのなんのこの暑さ、
毎日、猛暑日です。
少し前まで過ごしやすかったので、なお一層体に堪えます。
皆さんの所はいかがですか?
高校球児の夏の大会が始まりました。地元の声援を背負い頑張る姿には
いつも感激してしまいます。
この暑さでもあの炎天下でプレーするのは大丈夫なんでしょうか?

私はこの暑さから逃げるようにして、冷房がきいた映画館へ

風立ちぬ です。

以前に堀辰夫の”風立ちぬ”を読んだ覚えはあるのですが、記憶は定かでなく
女の人が病院へ入院することくらいしか思い出せませんでした。

ジブリ作品も今回は年配の方々が多かったですね。
ご夫婦で鑑賞されている方もいらっしゃいました。

ゼロ戦を作るために夢をかけた少年の物語ですが、よく描かれていました。

今回はリピーターが多いとか?
1回目は物語を楽しむ。
2回目は効果音を楽しむ。

臨場感あふれる場面、飛行機の音や小さな音にもすごい神経が使われていて
出来上がっている作品により一層の感動が生まれます。

私ももう一度と思っているのですが...次回はテレビで観ようかな...

と言うのも、次回は”終戦のエンペラー”を観たいと思っているので。

”風立ちぬ、今は秋....” 

そんな日が早く来てほしいです。


スポンサーサイト

人生の特等席

今日は寒かったですね。
天気予報もハズレで、朝から冷たい雨でした。

こんな日はあったかい所へ行くのが一番と...成田へ
時間的にまずは映画を、

前々から楽しみにしていた

クリント・イーストウッド主演の 人生の特等席

今まで邦画が多かったのですが、今回は大好きなイーストウッドです。

洋画というと、銃を持った人々が争う(私のイメージですけど)シーンが
多いようなきがするのですが、
今回の映画は、邦画系のホームドラマのような感覚で観られました。

父は野球のスカウトマン、娘は弁護士、疎遠になっていた父娘関係を
優しく解きほぐして、ラストは感動します。
さすがイーストウッドの演技は素晴らしいです。
最後は「老い」というテーマも投げかけていたような...
イーストウッドも82歳とか、これだけの演技が出来る人は
そうはいませんね。

素晴らしい映画だったと、外に出たらビックリ!!
今年の初雪です。
20分位だったでしょうか? 
映画の余韻の中で見た初雪は幻想的でしたね。

お時間がございましたら、是非劇場でご覧になってください。


北のカナリアたち

楽しみにしていた映画 北のカナリアたち

公開初日に観たかったのですが、昨日の文化際と一緒になってしまい
今日一番で観てきました。

いいですねぇ...

吉永小百合さんの先生役は素晴らしかったです。
北海道の分校が舞台でしたが、吹雪の中、凍えそうなシーンも
何度かありましたが、それこそ凛として演じてられました。

分校での6人の生徒たち(カナリアたち)が時を経て
悩みを抱えて生きていく姿を追いながらも
自分の人生も重ねて行く。

生徒だった一人が殺人を犯し、持ち物の中に先生の住所と電話番号があった。
思わぬ事件に巻き込まれる。
先生は状況を見極めるために、教え子たちを訪ねて歩く。

途中経過はともかく、最後に分校で歌う カナリヤ の歌には思わず涙ですよ。


   唄を忘れたカナリヤは
   後ろの山に棄てましょか
   いえいえ それはなりませぬ

   唄を忘れたカナリヤは
   背戸の小薮に埋めましょか
   いえいえ それはなりませぬ

   唄を忘れたカナリヤは
   柳のムチで ぶちましょか
   いえいえ それはかわいそう

   唄を忘れたカナリヤは
   象牙の船に銀の櫂
   月夜の海に浮かべれば
   忘れた唄を思い出す



そして共演者の方々は、柴田恭兵、里見浩太朗、仲村トオル、森山未來、宮崎あおい等
ベテランから実力派まで豪華な顔ぶれでした。

私としては ☆☆☆☆ の素晴らしい映画でした。
お時間がございましたら、大スクリーンでご覧になってください。


ツナグ

辻村深月さんの小説を実写化した ツナグ を観てきました。

たった一回だけ、生きている人が望めば死者と会うことができる。

会うために、死者との連絡をとってくれるのが ツナグ です。

NHKの連ドラマ(梅ちゃん先生)でも人気だった松坂桃李、樹木希林のツナグ

物語としてはなかなか面白い発想だと思いました。

3人の方々の物語でしたが、会えてよかった、会わない方がよかった...
観ているうちになんだか不思議な空間に引き込まれて行くような感じでした。

こういう世界がもし現実にあるとしたら(あるかもしれない?)、
あなたは誰に会いたいですか?
一回しか会うことはできませんよ。それも夕方から夜明けまでの時間だけ...

私が会いたくても、その人は会いたくないかもしれない。

そんなことを考えているうちに映画はラストシーン。

お時間がございましたら、不思議な世界を覗き込んで観てください。







あなたへ

この暑さはいつまで続くのか?とクイズでも出したくなります。
毎日、体温とほぼ同じ暑さとの戦いですが不戦敗です。

一人でクーラーをつけているよりも、公共の施設へ行って
涼しさを求めようと!!
確かにそうですね。

そうだ!! 久しぶりの映画にしよう と
成田までひとっ走り

5年間出演を断り続けたという 高倉 健 主演の映画

あなたへ

あの渋さは変わらないですね。
健さんの映画はどの映画にしても、セリフが少なく
演技力が際立つ作品ばかりですね(個人的な意見です)
今回もたっぷりと「これぞ高倉健」を味わいました。
ボソッと言う言葉、後ろ姿の哀愁、なんとも言えない味が..

ストーリーは簡単です。
妻(田中裕子)の遺骨を長崎の海に散骨する旅にでる

その間にいろいろな人々の出会いがあるわけですが、
私的にはそれが反って邪魔になっているような気がします。
映画だからと言ってしまえばそれまでですが、
”なんでこうなるの?”と思う場面が幾つかありました。
これからご覧になられる方がいらっしゃるかと思いますが
それぞれの観かたがありますので、あくまで個人的な事ですので
ご了承ください。

約1年ぶりの映画でしたが、予告編を観るとまた観たくなります(笑)


プロフィール

オアシスの風

Author:オアシスの風
田舎暮らしがよく似合う私は、家事よりも遊ぶことが大好き。一緒にenjoyしませんか!!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
癒しのひと時を
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。